Extrachromosomal DNAは予後悪化の因子である

Extrachromosomal DNAは予後悪化の因子である

  • このトピックは空です。
4件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #166 返信
      大須賀覚
      ゲスト
      10+

      Extrachromosomal DNA is associated with oncogene amplification and poor outcome across multiple cancers
      Nature Genetics volume 52, pages891–897(2020)

      https://www.nature.com/articles/s41588-020-0678-2

      先月にNature Geneticsに発表されたExtrachromosomal DNAの論文をご紹介します。Roel G. W. Verhaak のラボからの論文です。

      最初にExtrachromosomal DNA(ecDNA)について説明します。ecDNAはUCSDのPaul Mischelのところが2017年に最初に発表したもので、染色体上に載っていない、小さな遺伝子の破片のようなもので、これが正常細胞には無いものの、多くのがんで見られることが発表されています。このecDNAは染色体上に載っていないために、mRNAの発現量が通常よりも高く、細胞分裂の際には大きく増幅されることもあって、がんの不均一性の大きな原因だと考えられています。重要ながん遺伝子も染色体の増幅ではなくて、このecDNA上で増幅されているのではと言われています。近年注目をされている分野です。

      本論文では、3212例のがん患者の検体を使って、ecDNAの頻度や予後との関係を大規模に調べています。この結果、ecDNAは正常細胞ではほとんど見られないこと、がんでは大変に高い頻度で見られること、ただ、血液腫瘍では極めて稀なことを見つけています。ecDNAの有無は予後不良と関わることも示されています。どうecDNAを調べたらいいのかなどの記載も詳しく、大変に読みどころの多い論文です。

      個人的な感想としては血液腫瘍では極めて稀というのに驚きました。血液腫瘍は腫瘍不均一性が低く、シングルターゲートの分子標的薬が効きやすいことが知られていましたが、これも一つの理由なのかもしれません。ecDNAが癌研究のメイントピックになってくるのではと思わせる論文でした。

      Keyword:Extrachromosomal DNA(ecDNA)、血液腫瘍、遺伝子変異、染色体増幅、コピーナンバー

      ecDNAの頻度

      予後との関係

      ※図は論文からの引用です

    • #182 返信
      okazaki yoshihisa
      ゲスト
      2+

      Extrachromosomal DNA(ecDNA):

      ガン細胞内で生成される、エクソソーム内に取り込まれ、周辺微小環境中のFibroblast、免疫細胞、転移予定先の組織細胞に悪性情報が”伝播”される元になってないでしょうか?

      膵臓癌では、”クロモスプリシス”っていう奇妙な現象もあるようです。

    • #183 返信
      大須賀覚
      ゲスト
      1+

      コメントをありがとうございます。エクソソーム内に取り込まれて伝播されるも、ありえるかもしれないですね。特徴的なサークル型の遺伝子配列が周辺細胞にあるかを調べるとわかるかもしれないですね。クロモスプリシスとはなんですか?

    • #185 返信
      okazaki yoshihisa
      ゲスト
      0

      お返事ありがとうございます。

      何時もお世話になっている、西川伸一先生aasjの論文ワッチで知りました。

      ガン細胞は謎だらけです。

      10月15日:膵臓癌の見方を変える発見(Natureオンライン版掲載論文)

    • #189 返信
      okazaki yoshihisa
      ゲスト
4件の返信スレッドを表示中
返信先: Extrachromosomal DNAは予後悪化の因子である
あなたの情報: