スゴいぜ!アブスコパル効果!

スゴいぜ!アブスコパル効果!

  • このトピックは空です。
5件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #313 返信
      田中希宇人
      ゲスト
      2+

      ★ブログ『肺癌勉強会』更新

      https://lk.hatenablog.jp/

      『Pembrolizumab with or without radiotherapy for metastatic non-small-cell lung cancer: a pooled analysis of two randomised trials』(Lancet Respir Med 2020, published on Oct.20)より

      【まとめ】ぺムブロリズマブと放射線治療の併用でPFS/OSいずれも延長する

      【要約】
      〇放射線治療は免疫治療に対する全身の抗腫瘍効果を増強させる可能性がある。

      〇2つの臨床試験である『PEMBRO-RT試験』(第2相)と『MDACC試験』(第1/2相)は転移性非小細胞肺がん症例に対して放射線治療の有無に関わらずぺムブロリズマブによる治療がランダムに行われた。

      〇試験を個別に解析し、免疫治療と放射線治療の併用が潜在的にメリットがあると考えられたが、サンプルサイズが少ないため統計学的に有意とならなかった。

      〇転移性非小細胞肺がんに対して免疫治療に対する反応が放射線治療で改善するかどうかを見るためプール解析を行った。

      〇2つの試験では放射線照射外の反応を観察するために、少なくとも1つの非照射病変を有する症例が登録された。

      〇『PEMBRO-RT試験』では化学療法既治療例が、『MDACC試験』では既治療例も未治療例も登録されたが、いずれの試験も免疫治療は受けていない症例とされた。

      〇『PEMBRO-RT試験』では症例はランダムに1:1に振り分けられ、喫煙状況で層別化された。

      〇『MDACC試験』では症例は放射線治療スケジュールに基づき2つのコホートのうち1つにランダムに振り分けられた。

      〇いずれの試験でも試験の性質上、放射線照射を盲検化できなかった。

      〇ぺムブロリズマブはいずれの試験でも放射線治療に関わらず3週間毎200mg投与された。

      〇プール解析の評価項目としては

      -最高照射範囲外(アブスコパル)奏効率(ARR)

      -最高照射範囲外病勢コントロール率(ACR)

      -12週でのARR

      -12週でのACR

      -無増悪生存期間PFS

      -全生存期間OS

      とされた。

      〇プール解析では全148例が解析され、76例がぺムブロリズマブ、72例がぺムブロリズマブ+放射線治療を受けた。

      〇全症例のフォローアップ期間の中央値は33カ月。

      〇148例中124例(84%)は非扁平上皮がん、111例(75%)は化学療法既治療であった。

      〇PD-L1発現率や腫瘍量など、ベースラインでの患者背景に差は認めなかった。

      〇頻度の高い照射部位は

      -肺転移 28例(39%)

      -胸腔内リンパ節 15例(21%)

      -肺原発巣 12例(17%)

      であった。

      〇最高照射範囲外奏効率(ARR)は

      -ぺムブロリズマブ単剤群 19.7%

      -ぺムブロリズマブ+放射線治療群 41.7%

      でOR 2.96(95%CI:1.42-6.20、p=0.0039)。

      〇最高照射範囲外病勢コントロール率(ACR)は

      -ぺムブロリズマブ単剤群 43.4%

      -ぺムブロリズマブ+放射線治療群 65.3%

      でOR 2.51(95%CI:1.28-4.91、p=0.0071)。

      〇無増悪生存期間PFSは

      -ぺムブロリズマブ単剤群 4.4カ月

      -ぺムブロリズマブ+放射線治療群 9.0カ月

      でHR 0.67(95%CI:0.45-0.99、p=0.045)。

      〇全生存期間OSは

      -ぺムブロリズマブ単剤群 8.7カ月

      -ぺムブロリズマブ+放射線治療群 19.2カ月

      でHR 0.67(95%CI:0.54-0.84、p=0.0004)。

      〇新規に報告された安全性の事象はなかった。

    • #314 返信
      okazaki yoshihisa
      ゲスト
      1+

      不思議なアブスコパル効果ですね。

      プール群には、化学療法施行中、治療済、未治療の3グループが混在しているのでしょうか?

      化学療法もアブスコパル効果に関与するような気がするのですが。。。

      ケモ+放射線+ICI vs 放射線+ICI は何かデータございますでしょうか?

    • #315 返信
      okazaki yoshihisa
      ゲスト
      1+

      度々すみません。

      患者さん自身の免疫系の解析は同時に行われていますでしょうか?

    • #317 返信
      田中希宇人
      ゲスト
      1+

      コメントありがとうございます。

      プールされた2つの研究では化学療法未治療あるいは既治療の方が含まれています。

      ケモコンビネーションの方は含まれておりません。

      論文上はPD-L1発現率やsmoking statusや放射線の線量などでサブ解析されているのみで

      免疫系の解析結果については結果が書かれておりません。

      わたくしの知る限り、「ICI+RT±ケモ」を比較した論文は存じ上げませんが、興味ありますので見つけたら報告致します。

       

      川崎市立川崎病院 呼吸器内科 田中希宇人(キュート先生)

    • #318 返信
      okazaki yoshihisa
      ゲスト
      0

      ありがとうございます😊。

      今後ともよろしくお願いします!

    • #319 返信
      okazaki yoshihisa
      ゲスト
      0

      実際の臨床でも、アブスコパル効果はなかなか捉えられないと思います。

      よくチャレンジしたなと、改めて関心しました。

5件の返信スレッドを表示中
返信先: スゴいぜ!アブスコパル効果!
あなたの情報: